東オホーツクシーニックバイウェイ
東オホーツクシーニックバイウェイ
ロマンティックヒーリング・風を感じて走る道
知床、阿寒摩周の国立公園、広大な畑地景観、野趣あふれる山岳、ハクチョウが飛来する湖沼、原生花園、流氷の地です。2つの国立公園や網走国定公園、斜里岳道立自然公園など地域住民が大切に守り育ててきた自然。
美しい農村・漁村景観、花と緑のあふれる美しい街並みなど四季折々の彩りが豊かな地域で北の豊富な味覚も大きな魅力。これらOnly Oneの観光資源が、心を潤し感動を与える、北海道観光の魅力が凝縮されたルートです。
ルートからのお知らせ
もっと見る
シーニックマルシェ
道の駅ウトロ・シリエトク、パパスランドさっつるの2箇所で、地元でとれた野菜や果物、地域特産品などの販売・PRと、東オホーツクシーニックバイウェイの取り組みを紹介するパネル展示によるシーニック・マルシェを開催しています。
シーニックデッキ
東オホーツク地域全体の景観PRと来訪者の交通安全のため、ルート内の景観の良い駐車スペースのあるポイントに、、ゆったりと景色を眺め休憩するための木製のデッキ(シーニックデッキ)をルート内9箇所以上で5月~9月の期間に設置しています。
ルート内道の駅スタンプラリー
ルート内の回遊性向上、ルートの認知度向上の目的から、ルート内8道の駅を対象としたスタンプラリーを4月中旬~10月の期間で実施しています。参加者から抽選でルート内8道の駅特産品詰め合わせ等の賞品をプレゼントしています。
情報マップの作成
東オホーツクの魅力を多くの方に広めるため「美しい景観・美味しい店・癒しの温泉、情報拠点、ビューポイントパーキング、シーニックデッキ」情報を掲載したマップ作成し、ルート内道の駅や観光協会で配布を行っています。
沿道の清掃、花植え、伐採、除雪
来訪者にきれいな道路空間を提供するため、沿道の清掃(清里・美幌)、花植え(斜里)を行っています。また景観を阻害・遮蔽するオオイタドリの伐採やガードレールの雪壁の除雪を行っています(斜里)。美幌の沿道清掃、斜里のオオイタドリ伐採、ガードレールの雪壁除雪は「秀逸な道」のPR活動としても実施しています。
スタンプラリーと地域活動の連携
ルート内の他団体が主催のスタンプラリーのスタンプ押印要件として、景観を阻害・遮蔽するガードレールの雪壁除雪参加を加える等の連携を行っています。 この活動は「秀逸な道」のPR活動としても実施しています。

 

 

秀逸な道
一面の流氷が織りなすグレートネイチャーを体験する道
流氷や夕陽等、オホーツク海の多様な表情や滝や野生動物等、野性味あふれる自然を体感できる道です。
絶景、アクティビティ等、手つかずの多様で魅力的な観光資源を有する世界自然遺産知床へのウエルカムロードです。
シーニックカフェ
道の駅パパスランドさっつる
道の駅「パパスランドさっつる」は天然温泉、足湯(無料)、レストラン、特産品販売コーナーもあります。レストランでは、地場産小麦粉使用の「手打ちうどん」など、メニューは豊富。テイクアウトコーナーでは、特産の「長芋コロッケバーガー」やソフトクリームも好評です。斜里岳の景観も見事です。
シーニックカフェ
ゆりの郷こしみず「リリーパーク」
13haの広大な丘陵地に、世界中から集められた110品種700万輪のユリが楽しめます。園内じゅんちゃんの店ではアイスクリームが、リリーショップでは小清水名物いもだんごやそば、ジェラートアイス(クリーム童話)、各種土産物を販売しており、休憩コーナーでそれらを食べることができます。
シーニックカフェ
Cafe and Bar 334(カフェ&バル 334)
店内で知床の魅力を大型ビジョンで紹介。 昼の部は、日替わりランチや独自のレシピで作り上げたカフェメニュー。 夜の部は、最高の一日を演出するシェフ渾身のディナーメニュー。知床の食材を生かした料理とワインが楽しめます。
シーニックデッキ
ウトロポケットパーク
斜里町ウトロ中心街の交差点(神社山交差点)の余剰スペースを多目的に利用するためにデッキを設置しています。これらのスペースを利用したポケットマーケットを開催して、地元住民と来訪者が共有できるコミュニケーションの場となる活動を行っています。
シーニックデッキ
あばしりフロックス公園シーニックデッキ
網走市呼人地区の丘陵地約10haに約15万株のフロックスが咲き乱れる公園に設置。園内は美しいフロックスの花などが咲くほか、網走湖や女満別方面の平野が一望できる展望ポイントがあり、花と眺望を楽しむことができます。 網走では7月下旬に徐々に開花し、8月中旬が一番の見頃となり、9月初旬まで花をご覧いただけます。
シーニックデッキ
メルヘンの丘 ビューポイントパーキング シーニックデッキ
美しいメルヘンの丘に設置されたシーニックデッキです。ビューポイントパーキングがあり安全に楽しむことができます。 春から秋に絵画のような美しい田園風景と防風林の風景が楽しめます。
シーニックデッキ
コスモス街道駐車帯 シーニックデッキ
斜里岳が望め夏から秋にかけて斜里岳と農村風景、コスモス、キカラシなど季節の花が咲き乱れる撮影ポイントです。
シーニックデッキ
季風クラブ知床  シーニックデッキ
目の前のオホーツク海であがる新鮮な素材を活かした料理や知床の夕日を眺めながら入る貸切露天風呂が好評なホテル季風クラブ知床に設置されています。オホーツク海に沈む夕陽や三角岩、オロンコ岩等の秘境知床ならではの四季折々の風景が楽しめます。
シーニックデッキ
清里町コミュニティセンター(コミット) シーニックデッキ
清里町の中心部にあり、春から秋にかけて、玄関先には花々が植えられ清里町の花のある景観づくりの一部を担っています。
シーニックデッキ
清岳荘 シーニックデッキ
夏から秋にかけて,眼下に見下ろすオホーツク海と広大な自然が楽しめる景観ポイントです。
シーニックデッキ
上斜里南駐車場 シーニックデッキ
斜里岳が望め夏から秋にかけて斜里岳と農村風景、季節の花が咲き乱れる撮影ポイントです。
シーニックデッキ
きよさと情報交流施設「きよ~る」シーニックデッキ
斜里岳が望め、売店では、清里焼酎の試飲と販売、地域の特産品や加工品などを販売しています。カフェでは、清里産小麦を使用した「うどん」のほか軽食、ソフトドリンク・ソフトクリームなどをご提供しています。
旅するシーニックバイウェイ
住民自慢の『秀逸な道』
国道334号『秀逸な道』は、四季の変化だけではなく、海が氷で覆われる南限をドライブでき、流氷に近寄れるルートです。

 

 

ルート内の情報や、地域のパンフレットを入手したい場合はここでチェック!

 

施設名 きよさと情報交流施設「きよ~る」

住 所 斜里郡清里町羽衣町62

電 話 0152-25-4111

 

その他にも、ルート内には地域情報を入手できる情報拠点や、シーニックデッキ、シーニックカフェがあります。各施設の場所は左のマップでご確認ください。

ルート内の市町村

  • 網走市
  • 大空町
  • 美幌町
  • 小清水町
  • 清里町
  • 斜里町

ルートのオフィシャルリンク

 

Scenic Byway HOKKAIDO

シーニックバイウェイ北海道

シーニックバイウェイ支援センター

〒001-0011

札幌市北区北11条西2丁目2番17号セントラル札幌北ビル4F

9 552 584*33

TEL:011-708-0429(平日 9:00~17:00)

FAX:011-708-0430

E-mail:

※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

facebookInstagram
Go to top